新年度がスタートして1カ月。昨夏の甲子園大会で準優勝した金足農ナインのうち、4人は秋田県内で就職し、新社会人として働き始めている。野球に打ち込んできた彼らは、どんな仕事をしているのだろう。それぞれの職場をのぞいてみた。


【農業土木の専門家目標・菊地亮太さん】

 プロ野球・日本ハムに入った吉田輝星投手とバッテリーを組んでいた菊地亮太さん(18)は県職員となった。農業土木の分野で一人前の行政マンになるのが目標だ。


【コメ生産者のために汗・斎藤璃玖さん】

 遊撃手として活躍した斎藤...    
<記事全文を読む>