◇ヤクルト8-4中日

 ヤクルトは同点の五回、打者12人で7点を奪った。連続野選で2点を加え、山田哲が適時打、村上が2点二塁打、西浦が2点左前打を放った。高梨が7回3失点で3勝目。中日は今季初の4連敗。ミスが目立ち、柳も8失点した。

 ◇ 

 打者を仕留めてベンチに引き揚げる柳はぶぜんとした表情。中日ファンから送られた拍手はまばらだった。五回、小さなほころびから試合は壊れていった。

 1死二、三塁。大量失点だけは避けたい場面。内野が前進守備を敷いて迎えた太田への5球目だった。ゴロをさばいた京田はホー...    
<記事全文を読む>