◇阪神2-1DeNA

 阪神がサヨナラ勝ち。1-1の延長十回2死一塁から大山が中越えへ殊勲の二塁打を放った。六回に上本の一発で追い付き、継投と好守で追加点を阻んだ。プロ初登板先発の阪口が5回無失点と光ったDeNAは終盤の拙攻が響いた。

   ◇

 接戦にけりをつけたのは主砲のバットだった。1-1の延長十回。2死一塁から阪神の大山が中越えへ自身初のサヨナラ打。殊勲の4番打者は「結果的に勝ちにつながった。そういうところで打ってこそ意味がある」と、勝利に導いた二塁打を満足げに振り返った。

 2死から糸原が...    
<記事全文を読む>