復活の兆しが見えた。東北楽天の熊原(宮城県角田市出身)が4月29日のイースタン・リーグ巨人戦(宮城県利府町)で初勝利を飾った。最速146キロの直球と変化の大きいカーブ、チェンジアップを駆使しながら5回2安打無失点の好投だった。
 3月下旬にDeNAからトレードで移籍。古巣では「投げ方が分からなくなった」というほど本来の投球フォームを崩していた。「クビもあり得るかもしれない」。選手生命の危機を感じていた時、地元の球団から声が掛かった。
 気合十分で臨んだ初登板のDeNA戦(4月3日)は散々だった。一回、先頭打者に安打を許すと6者連続で四球を与え、一つもアウトを取ること...    
<記事全文を読む>