日本ハムは序盤のリードを小刻みな継投で守って快勝した。今季初先発の堀は2回1/3を1失点。その後は5人がつないで西武の反撃をかわした。打線は一回に中田と田中賢の連続適時打で2点を先取し、三回と五回は相手の制球難に乗じて突き放した。西武は高橋光の乱調が誤算だった。

...    
<記事全文を読む>