内海が5月2日のイースタン・巨人戦(ジャイアンツ)で初めて古巣相手に登板することが決まった。中継ぎで2~3回を予定。左前腕肉離れで出遅れ、4月17日の同・ヤクルト戦で実戦復帰したが患部に張りを訴え、25日の同・日本ハム戦の登板を回避。30日は西武第二の室内練習場でキャッチボールなどを行った左腕は「(巨人時代の)最後はジャイアンツ球場がメインになっていたので、元気な姿を見せられたらいい」と話した。

...    
<記事全文を読む>