バレーボールVリーグ男子の東レは23日、小林敦監督(45)が5月1日開幕の黒鷲旗全日本男女選抜大会後に退任し、新監督に篠田歩コーチ(39)が昇格すると発表した。小林監督はゼネラルマネジャー(GM)に就任する。また、選手兼コーチのセッター阿部裕太(37)が引退し、コーチ専任となる。
 小林監督は2012年に就任。14~15年のリーグ7位で入れ替え戦を経験した。その後、チームを立て直し、16~17年に全日本選手権(天皇杯)優勝と3度目のリーグ制覇の2冠に導いた。「歴史あるチームの軸をぶらさず、同時に新しいチャレンジも求められてきた。失敗から学び、強化につなげることができたと思う。...    
<記事全文を読む>