バレーボールVリーグ2部(V2)女子、ヴィクトリーナ姫路の選手らが、兵庫県の井戸敏三知事を表敬訪問し、初優勝と1部(V1)昇格を報告した。

 姫路はV2のレギュラーラウンドを1位で通過し、3月17日のプレーオフ最終戦でJAぎふを下して初優勝した。

 真鍋政義オーナーと竹下佳江監督、選手とスタッフの計23人が県庁を訪れた。井戸知事が「チーム結成3年で優勝できたのは皆さんの努力の結果。V1リーグでも素晴らしい試合を期待している」とエール。竹下監督は「『姫路から世界へ』が私たちの合言葉。兵庫県をさらに盛り上げていけるよう頑張りたい」と語った。(前川茂之)

...    
<記事全文を読む>