バレーボールVリーグ1部(V1)女子で今季9位だった岡山シーガルズの報告会が8日、岡山市内のホテルで開かれ、参加した岡山県内の競技関係者、スポンサー代表者ら約350人が2季ぶりのトップリーグでの奮闘をねぎらい、来季の上位浮上を期待した。

 山口舞主将、セッター宮下遥選手ら選手28人が顔をそろえた。東西の各4チームによるプレーオフ進出を逃した今季について、河本昭義監督は「チームの絆を、勝つための確かな力に変えられなかった。結束を一層強め、成長させたい」と話した。スポンサーを務める中国銀行の宮長雅人頭取、県スポーツ協会の越宗孝昌会長(山陽新聞社会長)らは「大きな将来性...    
<記事全文を読む>