◇全日本選手権

 体重無差別で争う全日本選手権は29日、東京・日本武道館で世界選手権(8月25日~9月1日・日本武道館)男子100キロ超級の代表最終選考会を兼ねて行われ、2017年世界選手権100キロ級覇者で23歳のウルフ・アロン(了徳寺学園職)が決勝で12年全日本王者の加藤博剛(千葉県警)を延長の末、支え釣り込み足で技ありを奪って優勢勝ちし、初優勝を達成した。

 ウルフは初戦の2回戦から準決勝まで4試合連続で一本勝ち。準々決勝では昨年準優勝で過去3度制覇の王子谷剛志(旭化成)、準決勝で小川雄勢(パーク24)と最重量級の強...    
<記事全文を読む>