ソフトボールの日本リーグ女子1部は28日、掛川球場で第2節2試合を行った。日本代表の渥美万奈、山崎早紀(ともに常葉菊川高出)が所属するトヨタ自動車は、太陽誘電に延長十三回タイブレークの末に11―7で勝利した。地元のNECプラットフォームズはホンダに0―5で敗れ、5連敗となった。
 トヨタ自動車は二回、山崎の本塁打などで2点を先制した。その後逆転されたが、七回に山崎の適時3点二塁打で追い付き延長に突入。十三回に4点を勝ち越した。渥美は6打数1安打。太陽誘電は2年目の左腕曽根はん奈(飛龍高出)が先発し、2回を投げて3安打2失点だった。
 NECプラットフォームズは序盤の...    
<記事全文を読む>