【ブダペスト=共同】世界選手権個人戦第7日は27日、当地で行われ、日本勢対決となった女子ダブルス準決勝は前回銅メダルで第1シードの伊藤美誠(スターツ)早田ひな(日本生命)組が第3シードの佐藤瞳、橋本帆乃香組(ミキハウス)に4-2で逆転勝ちし、決勝に進んだ。この種目の日本人ペアでの決勝進出は、1971年大会以来48年ぶり。

 3位決定戦がないため、佐藤、橋本組は銅メダルを獲得。第2シードの孫穎莎、王曼〓組は陳夢、朱雨玲組との中国勢対決を4-3で制した。

      ◇

 【ブダペスト=共同】世界選手権個人戦最終日は28日、当地で行われ、女子ダブルス決勝...    
<記事全文を読む>