ソフトボールの日本女子リーグ1部の公式戦が27日、諫早市第1野球場で行われ、国内トップ選手たちの熱戦に市民らが温かいエールを送った。長崎県では初めての開催。この日は第2節長崎大会の第1日で、4チームが計2戦を実施した。

 第1試合の「シオノギ製薬-日立」は日立が三回、2死三塁から松本の2ランで先制。シオノギの反撃を1点に抑えて逃げ切り、開幕4戦目で初勝利を飾った。第2試合の「豊田自動織機-SGホールディングス」はSGが2-1で競り勝ち、3勝目を挙げた。

 両試合のプレーボール前には地元出身選手に花束を贈呈。シオノギ製薬の戸村美紅内野手=長崎市出身=、豊田自動織機...    
<記事全文を読む>