三潴高(久留米市)のカヌー部1年石橋佳世さん(15)が16歳以下の日本代表に選ばれ、5月10~12日にニュージーランドで開かれる国際大会「アジアパシフィック スプリントカップ」に臨む。自身初の海外大会。「世界の中での現在の自分の位置と力を確かめたい」と意気込んでいる。

 県カヌー協会理事の父、祥慈さん(52)が指導する地元の教室で小学3年からカヌーを始めた。柳川市久々原の自宅から片道1時間以上かけて自転車で高校に通う。放課後の乗艇練習2時間のほか、帰宅後も筋力と体幹のトレーニングを欠かさない。

 昭代中(柳川市)の3年だった3月下旬、香川県で開かれた海外派遣選手...    
<記事全文を読む>