プロ野球横浜で「大魔神」と呼ばれた佐々木主浩(東北福祉大出)が1999年冬、米大リーグのマリナーズに入団した。フォークボールを武器に抑えとして活躍し、2000年の新人王を獲得。大リーグ通算129セーブを記録した。
 6年後には宮城・東北高、東北福祉大で2年後輩の斎藤隆も海を渡った。ドジャースなどで登板を重ね、メジャー通算21勝(15敗)84セーブ。ダルビッシュ有(東北高出)、二刀流の大谷翔平、菊池雄星(ともに岩手・花巻東高出)らも最高峰の舞台に挑んでいる。

 ゴルフの宮里藍は東北高3年の03年、当時の日本女子ツアー最年少記録の18歳で優勝。プロ転向後、米...    
<記事全文を読む>