障害者スポーツの祭典、2020年東京パラリンピックの開幕まで500日を切った。三重県内初の全国障害者スポーツ大会(三重とこわか大会)開催を2年後に控える県でも障害者スポーツへの関心が高まっている。

 県出身者の活躍が特に目覚ましかったのが、平成20年の北京パラリンピックだ。鈴鹿市出身で車いす陸上選手の伊藤智也さん(55)が男子400メートル、800メートルの2種目で金メダルに輝いた。四日市市出身の車いすテニス選手の齋田悟司さん(47)が男子ダブルスで銅メダリストになり県出身者のメダル獲得が相次いだ。

 伊藤さんは同年、県ゆかりの障害者スポーツ選手として初の県民栄...    
<記事全文を読む>