倉敷フィギュアスケーティングクラブ(倉敷FSC)は5月6日、地域ゆかりの五輪代表やトップ選手らが集まるファンイベント「OH!縁(おうえん)感謝DAY」を、倉敷市連島町西之浦のヘルスピア倉敷で開く。西日本豪雨の被災者には特別観覧エリアで楽しんでもらう。

 バンクーバー冬季五輪銅メダリストで昨年現役復帰した高橋大輔選手=同市出身、平昌五輪に出場した田中刑事選手=倉敷芸術科学大大学院=らを育てた同クラブが、地域への感謝を込めて開催。毎回多くのスケートファンが集まる人気イベントになっている。

 1部は幼児から大学生まで約40人が7演目を披露。2部のア...    
<記事全文を読む>