体重無差別で争う柔道の全日本女子選手権(東京新聞など後援)は21日、世界選手権(8月25日~9月1日・日本武道館)女子78キロ超級代表最終選考会を兼ねて横浜文化体育館で行われ、18歳の素根輝(そね・あきら=環太平洋大)が決勝で昨年世界選手権同級覇者で22歳の朝比奈沙羅(パーク24)を下し、史上初の初出場優勝だった昨年に続いて2連覇を達成した。大会連覇は2010年に9連覇を果たした塚田真希以来。

 素根は準々決勝で16年リオデジャネイロ五輪78キロ超級銅メダルの山部佳苗(ミキハウス)、準決勝では稲森奈見(三井住友海上)にともに延長戦で優勢勝ち。朝比奈との決勝は9分を超える延長...    
<記事全文を読む>