車いすテニスのダンロップ神戸オープン(神戸新聞社後援)最終日は21日、神戸市北区のしあわせの村であり、メインドローシングルス女子は決勝で上地結衣(兵庫、明石商高出)が6-4、6-3でシャルロット・ファマン(フランス)を下し、11連覇を達成した。上地は船水梓緒里(千葉)と組んだ同ダブルス決勝でも6-0、7-5で堂森佳南子(千葉)ファマン組を退け、5年連続の2冠に輝いた。

 同シングルス男子は、ニコ・ラングマン(豪州)が6-3、6-3でフレデリック・カタネオ(フランス)を破り優勝。同ダブルスではラングマン、カタネオ組が荒井大輔(岐阜)竹田浩之(兵庫)組を7-6、6-2で退けて頂...    
<記事全文を読む>