2007年以来の国体出場を目指すラグビーの静岡県高校選抜(少年男子)のヘッドコーチ(HC)に、元陸上短距離選手の里大輔氏(33)=浜松市中区=が就いた。走り方のアドバイスだけでなく、東海ブロック大会を勝ち抜くための意識改革に着手。走力を向上させる「スピードコーチ」として過去に自身が指導したトップ選手を講師に招くなど、ラグビー未経験ながら独自色を発揮している。
 「『愛知に勝とう』ではない。『静岡には勝てない』と思われるようになるんだ」。3月下旬に静岡市内で行われた合宿の初日、里氏は選手約40人に大胆なメッセージを投げ掛けた。本県は近年、東海大会で強豪の愛知などに敗れて本大会出...    
<記事全文を読む>