フェンシングの世界ジュニア・カデ選手権は、ポーランド・ドルンで行われ、辻すみれ(朝日大)がメンバーの日本はジュニア(20歳未満)女子フルーレ団体で銀メダルを獲得した。

 日本は今季がジュニア最終年だった辻に加え、同学年のライバル東晟良(日体大)、昨年大会で個人を制した高校生の上野優佳(SEISA)に狩野央梨沙(早大)を加えた布陣で挑んだ。

 準々決勝では世界ランク2位の米国相手に最大11点のビハインドを逆転の43―39で下すなどして勝ち上がった。決勝ではロシアに32―39で惜敗したが、同種目では初のメダル獲得となった。辻は、個人では東に7―8と接戦の末に敗れて、...    
<記事全文を読む>