10月のラグビーワールドカップ(W杯)大分開催を盛り上げようと、特別デザインの路線バスや観光客用スマートフォンアプリが16日、お目見えした。

(ラッピングバス 来県するチームカラーに)
 予選で来県する6カ国・地域のチームカラーで車体全面をラッピングしたバスが、大分市内で運行を始めた。大会が閉幕する11月までの期間限定。
 デザインは昭和電工ドーム大分(同市)である対戦カードごとに3種類がある。
 初日は右側面をウルグアイ(水色)、左側面をオーストラリア(黄色)に仕上げた2台が登場。選手のプレー写真のほか、対戦日程、「一生に一度が大分...    
<記事全文を読む>