卓球男子で世界ランキング4位の張本智和(15)=木下グループ、仙台市出身=が、世界選手権個人戦(21~28日・ブダペスト)に出場する。男子シングルスで40年ぶりのメダルを獲得するには、王国・中国勢の打倒は避けて通れない。張本対策に本腰を入れている中国への対応が求められている。
 5~7日に横浜市であったアジア・カップは、中国選手による徹底マークが顕著だった。世界ランキング1位の樊振東、リオデジャネイロ五輪金メダルの馬竜に完敗。得意のバックハンドレシーブのチキータが気持ちよく決まらず、「ナーバスになっているのが顔に出ていた」(倉嶋監督)。
 チキータを打たせないために...    
<記事全文を読む>