アメリカンフットボールの全日本大学選手権で最多優勝を誇る関学大の歴代QBが指導する練習会が13日、神戸市灘区の王子スタジアムで開かれた。関西学生リーグを中心に、21大学からQBが参加し、ボールを投げるスピードやコントロールの仕方について手ほどきを受けた。

 関西学生アメリカンフットボール連盟が主催し、今回が2016年以来2度目。競技力向上を目的に、リーグの2部以下の選手を対象とした。元関学大監督の武田建さん(87)や16年の甲子園ボウル最優秀選手の伊豆充浩さん(24)ら24人がコーチ役を務めた。

...    
<記事全文を読む>