北安曇郡小谷村の白馬乗鞍交流センター「ちゃんめろ」の体育館にスポーツクライミング用の新しい壁が完成し、13日、お披露目された。命綱を付けて登るリード用の壁は最大斜度168度、高さ約13メートルで県内最大級という。

 トップ選手の練習拠点や雨天時の観光に生かすため、地元の小谷スポーツクライミングクラブなどの要望も受けて村が整備。リード用の他に命綱なしで登る「ボルダリング」用もある。この日は県内選手の大会や、地元の子どもたちの体験会があった。同郡白馬村の白馬高校2年で登山部の宮坂空さん(16)は大会に参加し、「傾斜がきつく難しい。毎日通って練習したい」と笑顔を見せて...    
<記事全文を読む>