【宮古島】沖縄県、宮古島市、オーストラリアトライアスロン連盟は12日、2020年の東京オリンピックに向けた事前キャンプに関する覚書を締結した。同日、第35回全日本トライアスロン宮古島大会の開会式に先立って締結式が開かれ、富川盛武副知事、下地敏彦宮古島市長、同連盟のナショナルパフォーマンスディレクターのジャスティン・ドリュー氏が覚書に署名した。今後、20年までにオーストラリアの選手らが宮古島市で3度のキャンプを実施する予定という。

 県内離島地域での事前キャンプの決定は初めて。覚書では宮古島市が合宿中の練習に必要な施設を提供すること、市民との交流プログラムの実施、県が合宿費用...    
<記事全文を読む>