サッカーのテクニックをホッケーに取り入れたら。各務原市下切町の川崎重工ホッケースタジアムを拠点にする社会人女子の強豪・ソニーHCの選手たちが十一日、フットサルの元プロ選手で「ドリブルデザイナー」を名乗る岡部将和さん(35)から指導を受けた。

 「99%抜けるドリブル理論」を提唱する岡部さんは乾貴士選手や原口元気選手ら日本代表選手をはじめ、世界のサッカー選手にドリブル技術を教えている。

 ソニーHCは、ドリブルをするときの身体の使い方や間合いの取り方などは、ホッケーにも共通するとして指導を依頼した。

 岡部さんはスティックを持ったソニー選手を相手に、サ...    
<記事全文を読む>