2020年東京パラリンピックの水泳日本代表を決める選考戦の開催地が富士市の静岡県立富士水泳場に決まった。日本身体障がい者水泳連盟などが11日に発表した。同日、市役所を訪れた同連盟の河合純一会長(浜松市出身)は「県民市民の応援で選手を盛り上げて」と同市に協力を求めた。
 同連盟によると、選考戦は20年3月6~8の3日間、同水泳場で開催する。全国から選手約300人が出場。選考基準タイムを突破した選手が代表候補に推薦される。期間中役員や付き添い、指導者、応援者なども含め、延べ1300人以上が来場する予定。
 選考戦会場決定にあたっては、長期間春季記録会を実施してきた実績や...    
<記事全文を読む>