2020年東京五輪で江の島がセーリング競技の会場となる藤沢市は10日、市民にセーリングを身近に感じてもらおうと、市役所ラウンジでヨットを題材にした映画の鑑賞会などを開いた。

 鑑賞会では、ヨットの輸入販売に携わり、試乗会で指導役を務めるフランス出身のヴィンセント・ペレスさん(33)が解説を担当。市出身の日本人女性と結婚して4年前から市内に住んでおり、「藤沢はいい街。五輪の競技会場になってうれしい。セーリングが盛り上がり、そして海のいろいろな問題に興味をもってもらえれば」と話した。

 また、市は江の島や藤沢駅周辺で観光・交通案内などを担当する都市ボランティアの2次...    
<記事全文を読む>