日本ハンドボールリーグ男子で初優勝を果たした刈谷市の「トヨタ車体ブレイブキングス」の香川将之監督と津屋大将、菅野純平両選手が市役所を訪れ、竹中良則市長らに報告した。

 チームは昨年九月二十二日に開幕したレギュラーシーズンを十八勝一分け五敗の九チーム中三位で終え、三月十五~十七日に上位四チームで競うプレーオフに臨んだ。昨年もプレーオフの決勝で敗れた大崎電気と再度決勝でぶつかり、27-23で雪辱を果たした。

 香川監督は「次はレギュラーシーズンでも一位になり、完全優勝で連覇を目指したい」と抱負を語った。昨年の七月豪雨と北海道胆振東部地震の被災地復興に役立ててもらおう...    
<記事全文を読む>