ハンガリーで二十一日に始まる卓球の世界選手権に日本代表メンバーとして出場する名古屋市熱田区出身の橋本帆乃香さん(20)の壮行会が七日夜、名駅のホテルで開かれた。集まった百五十人近い人たちを前に、橋本さんは「メダルを持って日本に帰ってこられるよう頑張ります」と意気込んだ。

 五歳のときから卓球を始めた橋本さんは、小学一年で全日本選手権の愛知代表に選ばれるなど活躍。素質を見込まれ、中学、高校時代は四天王寺羽曳丘中、四天王寺高校と大阪の強豪校で腕を磨き、卒業後はミキハウスに入社した。

 カットを主体としながらも機を見て攻撃に転じるプレースタイル。二〇一六年のワールドツ...    
<記事全文を読む>