ボディーボード世界選手権で年間チャンピオンに輝いた鈴木彩加選手(23)=茅ケ崎市美住町=が9日、市役所を訪れ、喜びを語った。同競技で日本人が世界の頂点に立つのは初。若き女王は「自分を信じて続けてきたことが勝利につながった」と満面に笑みを見せた。

 鈴木選手はマリンスポーツ好きの両親の影響を受け、8歳からボディーボードを始めた。市立浜須賀中学校3年の時にプロに転身。県立藤沢西高校卒業後、本格的に世界ツアーに参戦し始めた。プロになって5年間は勝てず、精神的に追い込まれる日々もあったが「諦めたくない」と試合に出続けた。

 ボディーボード競技は、15...    
<記事全文を読む>