金沢市の石川県産業展示館3号館で21日開催のプロボクシング「拳の嵐・日本女子フェザー級王座決定戦」(本社など後援)に挑むカシミジムの神成麻美が調整に拍車を掛けている。「今度こそ勝つ」と3度目のタイトル戦に懸ける神成の意気込みは強く、ジム関係者をはじめ多くのファンは地元での晴れ姿を期待している。
 神成は一昨年暮れの日本女子フェザー級初代王座決定戦で年上の藤原芽子(神戸・真正ジム)と引き分け、昨年3月の再戦で判定負けを喫した。
 この後、藤原が東洋太平洋女子フェザー級王者となり、日本タイトルを返上したため、新王者を決めるタイトル戦が組まれた。

...    
<記事全文を読む>