バドミントンのワールドツアー、マレーシアオープンは4月7日、マレーシアのクアラルンプールで各種目の決勝を行い、女子シングルスで世界ランキング4位の山口茜(福井・勝山高校出身、再春館製薬所)は同1位の戴資穎(たい・しえい)=台湾=に0―2で敗れ準優勝だった。

 両選手の試合前の対戦成績は6勝8敗。全英オープン(3月6~10日)では準決勝で戦い、山口が1―2で敗れている。

 山口は第1ゲーム、1―1から5連続失点する苦しいスタート。一時は1点差まで詰めたが逆転できず、16―21で落とした。

 第2ゲームは、終盤まで1点差内のシーソーゲームを展開。17―1...    
<記事全文を読む>