2本の鉄製リングを平行につなげた器具を操る体操競技「ラート」の「第9回世界チームカップ」が21日に秋田市の県立体育館で開かれる。これに合わせて、大会に出場する秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)の高橋靖彦選手(33)が、出身地・仙北市を巡る海外選手向けのツアーを企画した。現在、選手の家族を含む約40人が参加する予定で、国際教養大学の学生や角館高校の生徒も準備を手伝っている。

 国別団体戦のチームカップはアジアで初めての開催。日本、ドイツ、オランダ、スイスからそれぞれ4選手が出場する。

 高橋選手は「海外の選手がせっかく秋田を訪れるので魅力を伝え...    
<記事全文を読む>