日本フェンシング協会の太田雄貴会長(33)と男子エペで世界ランク5位の加納虹輝(こうき)選手(21)、同8位の見延和靖選手(31)が三日、成田空港内の日本航空成田オペレーションセンターを訪れて競技の魅力を話し、模範演技を披露した。

 (小沢伸介)

 二〇二〇年東京五輪では千葉市の幕張メッセが会場となることから、協会は県内での普及活動に力を入れている。日航が協会のスポンサーとして大会運営などを支援している縁で、今回のイベントが実現した。

 太田会長は、競技会場で大勢から応援されると緊張感を高めて力を発揮するプロ選手の心理を紹介。「東京五輪・パラリンピックでは二十万席...    
<記事全文を読む>