福井県eスポーツ協会は、今秋の茨城国体で文化プログラムとして実施されるイベント「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 IBARAKI」の県予選(6~7月)に向けた強化練習会を開催している。専用の機器など全国トップクラスの環境を用意。eスポーツ初の国体県代表を目指し技を磨くことができる。県協会は「初心者も上級者も気軽に参加して、存分に練習してほしい」と呼び掛けている。

 同協会は県内の愛好家が集まり3月に設立した。eスポーツを通した文化振興や調査研究を目的としており、福井新聞社と福井テレビも活動に協力している。練習会は選手の発掘と交流促進のため、県予選がある7月まで複数回...    
<記事全文を読む>