県アイスホッケー連盟は七日、北陸三県で初の女子大会「サンピアカップ」を敦賀市のニューサンピア敦賀で開催する。県内の女子チームは県立大にしかなく、社会人への普及が目的の一つ。チームの発足も予定され、実行委員会の天谷真理恵さん(32)は「大学を卒業してもホッケーを続けたい子はいる。社会人になっても競技ができる環境をつくりたい」と意気込む。

 連盟によると、女子選手は結婚などを機に競技から遠ざかる人が多いという。チームがないため、社会人になっても県内で競技を続ける選手は五人ほど。男子と一緒に練習するなどしてプレーを楽しんでいる。

 天谷さんもその一人。県立大を卒業後は...    
<記事全文を読む>