競泳の世界選手権(7月・韓国)代表選考会を兼ねた日本選手権第3日は4日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子200メートル自由形で松元克央(かつひろ)(セントラルスポーツ、いわき市出身)が派遣標準記録を突破する1分45秒63で2連覇し、代表に決まった。

...    
<記事全文を読む>