競泳の世界選手権(7月・韓国)代表選考会を兼ねた日本選手権第3日は4日、東京辰巳国際水泳場で行われ、女子200メートル自由形は兵庫県の白井璃緒(東洋大、宝塚東高出)が1分57秒16で初制覇したが、派遣標準記録には届かなかった。

 はにかんだような笑顔で表彰台の真ん中に立った。女子200メートル自由形は東洋大2年の白井が、リレーの派遣標準記録を突破して初の頂点。目標にしていた1分56秒台にはわずかに届かなかったが「喜びの方がでかいかな」とかみしめた。

...    
<記事全文を読む>