来年の東京五輪で新種目に採用された自転車BMXフリースタイル・パーク女子の大池水杜(22)=岡山市=が情報サービスなどを手掛けるビザビ(岡山市)と所属契約を結び3日、市内で会見。「BMXをもっとメジャーにしたい」と抱負を語った。

 静岡県出身の大池は17年世界選手権で4位、18年のワールドカップ第2戦で日本人初優勝を飾るなど国際舞台で活躍する日本唯一の女性ライダー。昨年8月に活動拠点を岡山に移した。出場が有力視される東京五輪でメダル獲得を目指す大池は「地元のバックアップがあるのはありがたい。岡山から世界に向け、貪欲にチャレンジしていく」と意気込んだ。
<...    
<記事全文を読む>