北京五輪の男子フルーレ個人で日本勢史上初となる銀メダル、ロンドン五輪団体でも銀メダルを獲得した日本フェンシング協会の太田雄貴会長は3日、成田空港の日本航空(JAL)成田オペレーションセンターで開かれたイベントで、来年に迫った東京五輪・パラリンピックに向けフェンシングの魅力をアピールし、「20万席をパンパンにしたい」と意欲を語った。

 東京五輪では、同競技は幕張メッセ(千葉市美浜区)が会場。

 太田会長は「フェンシングは千葉で行われるので、僕たちにとっては“千葉リンピック”です」と笑いを誘うと「フィギュアスケートがなぜ強いか。ファンがいるか...    
<記事全文を読む>