ゴルフ女子のアマチュア日本代表で活躍した滝川第二高出身の古江彩佳が4月から研修生となり、今秋のプロテスト合格にまい進している。神戸市内のゴルフ場に所属し、日中はキャディーとして働きながら練習に打ち込む。今月中旬のプロツアーでベストアマに輝いた18歳は「将来の夢は賞金女王」と大志を抱く。

 神戸市立長田中から滝川第二高に進み、2年時にナショナルチーム入り。3年時には滝川第二高の同級生、安田祐香(現大手前大)とともにトヨタ・ジュニアワールドカップで日本の優勝に貢献した。

 今年3月の高校卒業後、六甲国際ゴルフ倶楽部(神戸市北区)の所属となった。恵まれた練習環境でプロテ...    
<記事全文を読む>