袋井市宇刈の葛城ゴルフ倶楽部山名コースで四日、女子プロゴルフツアーの「ヤマハレディースオープン葛城」が始まった。七日まで。

 今年で第十一回となる大会には、二〇一四、一八年に優勝したアン・ソンジュ選手はじめ同倶楽部所属の森岡紋加選手、浜松商高の内山愛梨選手らプロアマ計百二十人が参戦している。

 この日は予選第一ラウンドが行われ、各選手が上位目指して早朝から次々とティーオフした。好天にも恵まれ三千人のギャラリーが詰め掛け、「ナイスショット」などと歓声を送った。

 「毎年必ず来ている。若い有望選手がたくさん出ていて楽しみ」というゴルフ歴約六十年の宮本魏久...    
<記事全文を読む>