第9回高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン(岐阜新聞社、岐阜放送後援)は28日、長良川競技場を発着点に行われた。

 シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さんが監修したコースで、約1万2千人がエントリーした。ランナーは汗ばむ陽気の中、自己ベストを目指して、懸命に走った。女子ハーフでルース・チェプンゲティッチ(ケニア)が、国内最高記録で大会新の1時間6分6秒をマークし、優勝した。

...    
<記事全文を読む>