1月の大阪国際女子マラソン。2時間27分39秒で4位に入った中野円花は、2020年東京五輪マラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ」(MGC)の切符を得た。「無欲で」と言えば聞こえがいいが、シンデレラガールは「欲がなく消極的で、競技者として駄目だなと思う」と声を落とす。

 性格も素質も熟知している先輩の小崎まりは「10キロまで集団についていくように」と具体的なアドバイスを与え続けた。その通りに走ると、MGCに届いていた。「自信がないと弱音を吐けば、もっといけるってずっと言ってくれていた。本当にありがたい存在」と絶大な信頼を寄せる。

 社会人10年目で、50...    
<記事全文を読む>