富士通陸上部は1日、新加入選手を紹介する記者会見を都内で開いた。2016年リオデジャネイロ五輪男子50キロ競歩銅メダリストの荒井広宙(中野実高―福井工大出)は「新チームで力を高め、2度目の五輪でもメダルを取りたい」と決意を語った。

 荒井は1月末に約6年間所属した自衛隊を退職。富士通の今村文男・競歩コーチが日本陸連の五輪強化コーチでもあることから、「今村さんの指導を継続して受けたい」と移籍を決めた。

 既に3月下旬から練習拠点の千葉県内で今村コーチの指導を受けている。「練習は順調。まずは日本選手権(14日)で世界陸上の代表を決め、メダルを取っ...    
<記事全文を読む>