プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングスは27日、沖縄市体育館で名古屋ダイヤモンドドルフィンズとチャンピオンシップ2018―19準々決勝の第1戦を行い、53―69で敗れた。序盤から名古屋Dの守備を崩せずタフショットから速攻を許したキングス。一方的な展開を止められず前半は16―41と大差をつけられた。後半はようやくキングスらしい守備で立て直しかけたが、前半の点差を覆すことはできなかった。次戦は28日午後1時10分から、同体育館で名古屋Dと準々決勝第2戦を行う。勝てば29日に第3戦を行う。初優勝を狙う千葉は富山との第1戦に102―73で快勝し、2連覇が懸かるA東京は新潟を7...    
<記事全文を読む>