バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)残留を争うプレーオフ1回戦(2戦先勝方式)は27日、平塚市のトッケイセキュリティ平塚総合体育館で第2、3戦が行われ、リーグ16位の横浜は同17位の北海道に2連敗を喫し、自力でのB1残留を逃した。

 第2戦を89-91で惜敗して1勝1敗とし、引き続き実施された前後半各5分の第3戦に14-22で敗れた。

 横浜は、同日開幕した2部(B2)プレーオフでB1ライセンスを保持しない信州、群馬の両チームが決勝に進むか、そろって3位以内に入ればB1残留が決定。両チームともに準決勝で敗退した場合はB2降格が決まり、い...    
<記事全文を読む>