バスケットボールBリーグ1部(B1)のレバンガ北海道と横浜の残留プレーオフが27日、神奈川県のトッケイセキュリティ平塚総合体育館で行われ、1敗で迎えたレバンガが2連勝して来季のB1残留を決めた。

 プレーオフは2戦先勝方式。レバンガはこの日の第2戦で、バイロン・ミュレンズがチーム最多の28得点を挙げるなど活躍し、91―89で競り勝ち1勝1敗とした。続いて前後半各5分の第3戦を実施。前半を7―10で折り返したが、後半は15得点する一方で4失点に抑え、22―14で勝った。

 レバンガは22連敗でリーグを終えており、白星は2月3日以来。内海知秀ヘッドコーチは「残留を信...    
<記事全文を読む>